数珠(念珠)/腕輪/彫刻/宝飾品/製造卸販売 「甲州貴石」

 
ホーム  |  伝統工芸  |  伝統工芸士  |  念珠について  |  会社概要  |  お問合せ
オンラインショップ
こだわりの品販売
カテゴリー一覧
製作工程
製作工程
原石から丸玉加工仕立までを
紹介しています
数珠念珠の修理について
数珠・ブレス修理
修理代や送料について
ブレスの直し方
房色見本
房色見本
簡単な房色見本です
PDFファイル(1Mb)


印刷用PDFファイル(15Mb)
メニュー
 

 

製 作 工 程
原石から念珠が仕立てあがるまでの工程を紹介いたします。
 
1.原石の選別
原石の大きさ、ランク、キズの有無、亀裂の入り方等を見極め選別していきます。

アフリカ産 紫水晶

ブラジル産 水晶
 
2.原石の大割
大きい原石などは大型の機械を用い、まず板状に切断していきます。
次に板状からサイコロ状に切断し加工しやすくします。
大型切断機
ビルマ産 翡翠
翡翠板状/サイコロ状
ビルマ産 翡翠
 
3.原石の小割
手で持てるほどの原石は小型の切断機を用い、キズや亀裂に沿って切断していき
ます 。原石の亀裂部分を見極めて切断するため熟練した技術を必要とします。
この工程で玉になった時の質が左右されるのでとても重要です
子割切断機
ブラジル産 ローズアメジスト
子割切断機
ブラジル産 ローズアメジスト
 
4.荒擦り
切断した原石の角又はサイコロ状の角を高速で回る砥石に押し当て削っていき
ます。この段階で丸玉になるよう、ある程度の形を整えます。
荒刷り砥石
ブラジル産 ローズアメジスト
荒刷り砥石
ブラジル産 ローズアメジスト
 
6.整形
荒削り後、石のサイズを選別し目的サイズの穴の開いた鉄板に石を並べていき
ます。整形機
で圧力をかけながら研磨剤を流し込み慎重に丸玉に整形していき
ます。研磨材を徐々に細かくしていきながら真円ちかづけます。
削りすぎずに丸くするという、とても技術を要する作業です。
丸玉成形機
ビルマ産 翡翠
丸玉成形機
ビルマ産 翡翠
 
5.穴あけ
超音波加工機を使用し研磨剤を少しずつ垂らしながら穴を開けていきます。
真ん中にまっすぐ穴を開けることは大変難しく、作業中は研磨剤で玉がほと
んど見えなくなり、 熟練した技術と勘が必要となります。
超音波穴あけ
ブラジル産 水晶
超音波穴あけ
ブラジル産 水晶
 
6.磨き
回転バレル研磨機と振動バレル研磨機により表面を細かく磨き上げていきます。
水晶など透明感のある石は、穴の中も研磨し磨き上げます。
研磨剤、時間、方法等、企業秘密が多い作業となります。
回転バレル
回転バレル
振動バレル
振動バレル
 
7.石の選別
磨き上げられた玉は、まず各サイズに選別され、次に石のランク(質)を選別してい
きます。 仕分けされた玉を、目的の製品別に色分けをし親玉等の付属品を配置し
揃えていきます。製品に統一感を与えるために質、色は細かく選別されます。
この時点の製品を生地と称して、各地の問屋等に卸すことができます。
紫水晶選別作業
アフリカ産 紫水晶
紫水晶念珠用生地
アフリカ産 紫水晶
 
8.仕立
半製品となった生地(念珠)を正絹を使い仕立てていきます。
まず中糸を通し、組み機にかけ一本一本丁寧に編み上げていきます。

組み終わった製品に房を取り付けます。
組上げ
アフリカ産 紫水晶
組上り
アフリカ産 紫水晶
 
9.仕上り
房がとりつけられ製品を桐箱等に納め、シールなどの装飾を施して仕上がりとな
ります。これで小売店等に出荷され、みなさまのもとに届きます。
仕立あがり
アフリカ産 紫水晶
箱入れ
アフリカ産 紫水晶
 

Copyrigt © 2008 Sakano Manufactory